一般財団法人 雑賀技術研究所

     

お知らせ

2016年


ニュースリリース

 

微小金属異物を検出・除去する金属検出機「メタリダー」新ラインナップを発表
高感度で、さらに多量処理を可能にする新シリーズを開発

業界初※1、最高検出感度 Fe:sφ0.16㎜相当・SUS304:sφ0.24㎜相当を実現 ※1 2016年3月1日当所調べ

 一般財団法人 雑賀技術研究所は、「メタリダー」の新ラインナップを2016年春より順次発売します。
製品への異物混入問題が話題になり注目を集める昨今、金属検出機に対してもユーザーが求める要望や期待も大きく変化してきました。雑賀技術研究所はこれまでに培ってきた独自のセンシング技術を生かし、その能力を最大限に引き出すことによって、ユーザーが求めるそれぞれの要望や期待に特化して応えられるよう製品構成を見直し、新ラインナップとして完成させました

■金属検出機「メタリダー」新ラインナップ   商品の詳細はこちら

  1. MHDシリーズ (Metaridder High-spec Digital)
    微小金属異物の検出・除去に特化し、「メタリダー」シリーズのハイエンド機種として完成させました。
    業界初、最高検出感度 Fe:sφ0.16mm相当・SUS304:sφ0.24mm相当を実現した金属検出センサーを新たに開発し、SAIKAこだわりの「高感度」を進化させました。
    さらに履歴管理によるトレーサビリティへの活用も可能になり、操作性も向上しました(タッチパネル採用)。
  2. MFシリーズ (Metaridder High-Flow)
    処理能力を大幅に増加させる本体構造を採用し、「メタリダー」の特徴である高感度を生かしたまま、大量処理が求められる工場の製造ラインにも対応できるシリーズとして完成させました。
  3. MCシリーズ (Metaridder Compact)
    設置場所を選ばず、いろんな場面で活用できるシンプルでコンパクトな「メタリダー」の基本形です。
    本体構造を見直し、従来機PLN型より処理能力を増やしつつ、更なるコンパクトボディを実現しました。

■「プラテックス大阪2016」に全シリーズを展示
「プラテックス大阪2016(インテックス大阪・2016年4月20日~23日開催)」に全シリーズを展示致します。
弊所ブースNo.I17にお越し頂き、新シリーズの性能を直接お確かめください。

本製品に関するお問合せはこちら


ページTOP