1. 光品質チェッカー>
  2. フレキシブル設置タイプ

既設加工ラインのさまざまな工程で品質チェック 光品質チェッカーフレキシブル設置タイプ

ローラーコンベアやネットコンベア、シュートパイプなど多種多様な既設の食品加工ラインの工程に柔軟に設置できる光品質チェッカーです。

光品質チェッカーシリーズ共通の特長はこちら

さまざまな状態の食品が検査できる

粉粒体、液体、ペースト状測定物が
搬送されるパイプなどに設置が可能
シート状測定物の搬送ラインに設置が可能

コンベアで搬送される食品に加えてパイプ中を搬送される粉粒体、液体などの食品や、加工途中のペースト状、シート状の半製品、プラスチックやガラス瓶などで包装された最終製品など多種多様な食品に対応します。

状態変化していく食品をリアルタイムで
モニタリングできる

乾燥機など食品加工装置に取付が可能

乾燥機や加熱機などの食品加工装置に取り付け、加工度合いをリアルタイムにモニタリングすることで、食品の加工度合いを均一化し、加工不良率の低減による歩留まりの向上や、食品品質の安定化に貢献します。

既設ラインに合わせた
フレキシブルな設置ができる

既設ラインに設置が可能 多種多様な
食品加工ラインに
設置が可能
多分岐型光ファイバーを
使用した設置例

投受光に光ファイバーを採用し、コンパクトな測定部が構築可能で、導入のための既設ラインの大幅な変更が必要ありません。

高速非破壊全量オンライン検査

  • 原料から包装後の最終製品まで搬送中に高速全量検査できます。
不良品を除去したり加工工程にフィードバックし、品質の安定化が実現できます。



製品仕様


モデル HOS-F210
検査方式 拡散透過式近赤外分光分析による
電源 AC100V/50〜60Hz
消費電力 最大220W
装置寸法 500(W)×407(H)×500(D)mm
使用環境 温度0〜30℃  湿度20%〜80%RH※1
外装 ステンレススチール
重量 35kg
対応コンベア速度 最大40m/分※2
操作方式 タッチパネル式
検査項目 水分、糖分、油分、脂肪、アルコール、たんぱく質、炭水化物、灰分、原料混合率、内部物性異常等(同時測定最大6項目)
検査対象 菓子類、乳製品、パン類、麺類、穀類、調味料、冷凍食品、練り製品、魚介類、肉類、発酵食品、飲料ほか
※1 結露なきこと。
※2 測定物に応じて特別仕様も可能です。

寸法図

寸法図



ページTOP