ISO/IEC 17025:2005認定試験所
GAP普及推進機構 GLOBALG.A.P.協議会 会員
  1. ホーム>
  2. 残留農薬分析サービストップ>
  3. 日本の食の安全と日本産農産物を応援!GAP専用メニューを作成しました!

日本の食の安全と日本産農産物を応援!GAP専用メニューを作成しました!

GAPメニュー200(2017)

¥29,800(税抜)

生鮮野菜・果物・穀類に対応!

特徴

1.GAP認証(G-GAP/J-GAP)で求められる検査におすすめ!
2.国内で登録されている農薬・検出頻度の高い農薬をセレクト!
お茶をご検討されている方、海外への農産物輸出をご検討されている方は、お気軽にご相談下さい。

GAPとは

「Good Agricultural Practice」の略で、農業生産工程管理と訳され、生産段階から各工程を管理しながら農業を行うことです。生産工程をしっかり管理することで、食の安全安心の確保だけでなく、環境保全や労働安全の確保、競争力の強化、品質の向上、農業経営の改善や効率化に資するとともに、消費者や実需者の信頼の確保が期待されています。
また、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックで提供される食材(農産物)の調達基準にGAPの認証取得が採用されるため、今後さらに普及・導入が進んでいきます。

お問い合わせ/お申し込みは

一般財団法人雑賀技術研究所 営業部
〒640-8341 和歌山市黒田二丁目1-20
TEL 073-474-3099 (直通)
FAX 073-474-6421

ページTOP