ISO/IEC 17025:2005認定試験所
GAP普及推進機構 GLOBALG.A.P.協議会 会員
  1. ホーム>
  2. 残留農薬分析サービストップ>
  3. 検査について
分析依頼書のダウンロード

検査について

MAPS法

MAPS法とは、一般財団法人 雑賀技術研究所の多成分農薬一斉分析法 Multi Analysis Pesticide-residues by SAIKA T.I.F.の略称です。


MAPS法のフロー詳細はコチラ

FAPAS

FAPAS[食品化学分析技能評価]とは、英国環境食料農村地域省(DEFRA)傘下の独立行政法人である英国食料環境研究庁(The Food and Environment Research Agency, 略称Fera) が1990年に国際調和プロトコールに沿って開発した信頼ある食品分析検査の評価プログラムです。


FAPAS詳細、及び、当研究所の参加実績はコチラ

ISO/IEC17025:2005認定検査

国際規格ISO/IEC 17025:2005の試験所(農薬分析試験)として認定されました。
(認定番号75579、初日認定日2013年10月24日)

国際規格ISO/IEC 17025とは、試験所が品質マネジメントシステムを運営し、さらに特定の試験について技術的要求事項を満たし、それを実施する技術的能力があることを第三者機関が評価して認定する制度です。

この度ISO/IEC 17025:2005試験所の認定を受け、弊所の実施する残留農薬分析サービスの精度と信頼性の高さが客観的に証明されました。これからも信頼性の高い農薬分析試験所として誠実にサービスを提供してまいります。

認定証(英文) 認定証(和文)

ページTOP