ISO/IEC 17025:2005認定試験所
GAP普及推進機構 GLOBALG.A.P.協議会 会員
  1. ホーム>
  2. 残留農薬分析サービストップ>
  3. ご依頼方法
分析依頼書のダウンロード

ご依頼方法

ご依頼の手順

1.「分析依頼書」のご記入 *注1

  • 「分析依頼書」をご用意ください。
    ※ダウンロードはこちらをご利用できます。
  • 一斉分析セットメニューカスタムオーダーメニューまたは個別分析をご希望の場合は
    「分析依頼書」サービス内容の
    □一斉分析(通常納期10営業日)
    □個別分析(通常納期10営業日)
     にチェックを入れて下さい。
    ◎結果をお急ぎの場合「分析依頼書」の□特急サービスにチェックを入れて下さい。(別途料金要)
  • わんでい、ファイブデイズをご希望の場合は
    「分析依頼書」サービス内容の
    □わんでい(通常納期1営業日)
    □ファイブデイズ(通常納期5営業日以内)
    にチェックを入れて下さい。
  • *注1) カスタムオーダーメニューご利用の場合、事前にお問合せ下さい。項目のご相談をさせていただきます。

2.分析お申込み及び試料の送付

  • 「分析依頼書」をFAX後、「分析依頼書」を試料に同封してご送付ください。

    【お問い合わせ先】
     一般財団法人 雑賀技術研究所 分析サービス部
     〒640-8341 和歌山市黒田2丁目1番20号
     TEL:073-474-3099
     FAX:073-474-6421

3.受付完了

  • 上記の1.「分析依頼書」と2.試料が届いた時点で受付が完了し、当研究所担当者より電話にて受付の完了と結果報告予定日*注2等をご連絡いたします。

    *注2) 通常、結果報告は下記記載「分析の所要時間について」の日数となりますが、受付状況や試料、項目によって、更に数日お待ちいただくこともあります。

初めてご依頼される方へ

分析サービスの概要

ご提供中のサービス全般においての概要をまとめました。 お問い合わせの前にお読みください。

1.分析方法及び精度について

  • 当研究所分析方法は、残留農薬多成分一斉分析法です。固相抽出を用いた前処理の後、GC/MS(/MS)や LC/MS/MS等により分析を行います。(日々改良研究を行っておりますので、予告なく変更することがあります)
  • 各試料毎に添加回収試験を併行して行い、試験精度の確認を行っております。
  • FAPAS等の外部精度管理プログラムに参加し、試験精度の確認を行っております。
  • 定量下限値は原則として食品衛生法による試験法に定められた値(対象:生鮮試料)と同等となります。(ただし、試料により変更される場合があります。)

2.分析の所要時間について

  • 「わんでい」サービス(10項目以下対象):試料受付後1営業日(翌日)
  • 「ファイブデイズ」サービス(10項目以下対象):試料受付後5営業日以内
  • 「一斉分析」「個別分析」サービス:試料受付後10営業日
  • 「一斉分析」「個別分析」特急サービス:試料受付後3営業日。但し別途特急料金(5割増)が必要となります。
  • 通常は上記日数で対応していますが、受付状況や試料・項目等によって更に日数を要する場合があります。
  • 土・日曜日、祝祭日、盆、年末・年始等は休日とさせていただきます。
  • 早く分析に着手できるよう、試料はなるべく午前10時頃までに到着するように手配下さい。
    午後に到着した試料は翌日の扱いとさせていただく場合があります。(「わんでい」サービス等)

3.料金について

  • カスタムオーダーメニュー、割引等の詳細はお問合せ下さい。

4.分析結果報告書の発行について

  • 分析の結果、試料及び項目によっては判定できない場合があり、この場合は判定不能(×)と報告させていただきます。また同様に定量下限値も大きくなる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
  • 結果をお急ぎの場合はファックスにて報告いたします。(お申込み時にお申し出ください)
  • 分析結果報告書は、1試料あたり1通発行いたします。
  • 英文報告書が必要な場合は、別途作成料\10,500.-にて承ります。

5.分析試料の送付について

  • 分析試料は、分析結果が全体を代表できるように、ランダムサンプリングをお薦めします。
  • 試料量は500g以上(分析部位として300g以上)をお送り下さい。試料量が少ない場合は別途お問合せ下さい。
  • 試料輸送中、傷んだり腐敗のないようにご注意ください。変質がひどい場合は検査をお断りする場合があります。
  • 2種類以上の試料を1つの容器に入れる場合は、試料が混合・接触しないように個別に包むか仕切りをして下さい。
  • 当研究所での試料サンプリングは行っておりません。選別・混合作業が必要な分析試料は予めお客様側で行って下さい。
  • 試料の取り誤りを防ぐために、分析試料には分析依頼書を同封して下さい。

6.データの取扱いについて

  • 分析データ等に関する情報については秘密保持を厳守し、ご依頼主以外からのお問合せはお断りいたします。
  • 分析データは、報告書発行後2年間保管いたします。
  • 報告結果は受付けた試料の結果であり、当該試料について圃場やロット全体の結果を保証するものではありません。また、この結果により生じる一切の問題については、責任を負いかねますのでご了承下さい。

7.試料の取扱いについて

  • 分析に供した試料は、報告書提出後2ヶ月間に限り、一部(作物等の場合約100g)を-20℃で保管いたします。
    ご依頼主のお申し出がない限り返却いたしません。(水試料および土壌試料は保管いたしません。)

8.出張報告

  • ご依頼主の要請により第三者への出張説明も可能です。
    (旅費、日当を別途ご負担ください。)

9.共同研究・受託研究の実施について

  • 農薬の消長や動態についての研究や調査等も受付ますので、ご相談ください。
    (難易度、所要時間、人員、使用機器等により料金が異なります。)

ページTOP